ギフト&ノベルティーのケイエスエスサービス法事・法要のお返し・引き出物専門店「せいじつ」です。
最大40%引きで包装・のし・手提げ袋はもちろん無料!法事の案内状や喪中はがき印刷も無料で承ります。さらに当店より30000円以上(税別)ご購入のお客様にはもれなくカタログギフトもプレゼントします。このサービス、他店と比べてください!
法事・法要お返し専門店「せいじつ」
トップページ商品カテゴリお支払・配送について運営者の紹介新着情報お問い合わせカートの中
商品検索
キーワード
価格範囲
円〜
RapidSSL Site Seal
電話でのお問い合わせは
0299-52-1771
(担当:大和まで)ご連絡ください。
法事・法要お返し専門店せいじつスタッフ
ケイエスエスサービスという社名で対応しております。
 

のし・包装について
案内状印刷について
喪中ハガキ印刷について
葬儀後に役立つ喪中心得 法要のしおり
法要の知識
葬儀後のあいさつ回り
御礼・支払いについて
遺品の整理と形見分け
法律的な諸手続き
香典返し(後返し)について
納骨、理骨までのまつり方
忌中の心得
本位牌の準備
仏壇・お墓の基礎知識

相互リンク
●相互リンクのお申し込み
●相互リンクいただいているサイト
カタログギフト
会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品カテゴリ

 

葬儀後のあいさつ回り
あいさつ回りは初七日までに
世話役からの事務引継ぎ

すでに事務引継ぎは完了していると思いますが、確認を兼ねてチェックしてください。
□香典 □現金出納帳 □納品書 □領収書 □請求書 □会葬者名簿 □香典帳 □弔問・弔辞 □葬儀社、町内会、近隣からの借り物等の返却



あいさつ回り

あいさつ回りの時期は、葬儀の翌日か翌々日に、遅くても初七日までには済ませましょう。あいさつに回る主なところは下記の通りです。
●寺院、僧侶、神社、教会●世話役代表、葬儀委員長●故人の恩人、勤務先(直属の上司、同僚)●会葬者でとくに地位の高い方●町内会役員●葬儀で特にお世話になった方●病院、医療関係


●あいさつ回りは、喪主のほかにもう一人の遺族の2人で回り、長居せず早めに引き上げるのがマナーです。服装は略喪服か略礼装ですが、葬儀後2〜3日たっている場合は地味な平服でいいでしょう。男性の場合、ネクタイは黒で。主だった方へは喪主がお礼を述べ、喪主が未成年や高齢者の場合は遺族代表が出向きます。この時お礼の手みやげなどは必要ありませんが、もし持参するなら菓子折程度でよいでしょう。


●世話役の片が現金を立て替えて支払をしてくれていることがあります。引継ぎの時にこちら側から立替え払いがなかったかどうか聞いて、その日のうちに精算することが大切です。また弔問客の心づかいなども聞いておき、葬儀後忘れずにお礼を述べるようにします。

●故人が勤めていた会社には事前に連絡した上であいさつに出向くようにしましょう。
●故人が入院していた病院へは特に心づけは不要ですが、なんとなく気が済まない方は菓子折程度のものを持参してもよいでしょう。
●自宅で葬儀を行った場合、車の出し入れなど近所の方に何かとご迷惑をかけているものです。あいさつ回りの時にお礼の気持ちとして菓子折などを持参してもよいでしょう。
あいさつ例話集(参考例)

●寺院・僧侶に対して

先日の葬儀に際しては、ご多忙のところ大変ご丁寧なお勤めを賜りありがとうございました。おかげさまで無事葬儀を終えることができました。(これは心ばかりの御布施(おふせ)でございます。どうぞお納めください。)後日の法要の折には改めてご連絡申し上げますのでよろしくお願いいたします。


●神社・神官に対して

この度はご多忙のところ誠にありがとうございました。おかげさまで滞りなく葬場祭を終えることができました。(これは心ばかりの御礼でございます。どうぞお納めください。)後日の霊祭の折には改めてご相談申し上げますのでよろしくお願いいたします。

●司祭・牧師に対して

この度はご多忙のところ誠にありがとうございました。おかげさまで滞りなく葬儀を終えることができました。(これは心ばかりの御礼でございます。どうぞお納めください。)後日の記念祭の折には改めてご相談申し上げますのでよろしくお願いいたします。

●世話役・葬儀委員長に対して

葬儀に際しましては大変お世話になり、誠にありがとうございました。おかげさまで無事葬儀を済ますことができました。これもひとえに、皆様方のお力添えの賜物と心から御礼申し上げます。慣れないことで何かと不行き届きな点もあったかと思いますが、どうぞお許しくださいますようお願い申し上げます。今後ともご指導賜りますようよろしくお願い申し上げます。




●目上の方・恩師に対して

この度はお忙しい中わざわざ会葬くださいまして誠にありがとうございました。○○もさぞ喜んでいたことと思います。また、当日は取り込んでおりましてごあいさつもできず大変失礼いたしました。これからもよろしくご指導賜りますようお願い申し上げます。


●葬儀を手伝っていただいた方に対して

先日はいろいろお手伝いいただき本当にありがとうございました。おかげさまで滞りなく葬儀を済ませることができました。これからもどうぞよろしくお願いいたします。



●近所の方に対して

生前中は、何かとお世話になりありがとうございました。この度の葬儀に際してもご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした。おかげさまで滞りなく葬儀を済ませることができました。これからも変わらぬお付き合いをどうぞよろしくお願いいたします。

●病院・医療関係に対して

おかげさまで葬儀も滞りなく済ませることができました。故人の入院中には○○先生のひとかたならぬご尽力と看護婦さんをはじめ皆様のご親切に心から感謝いたしております。いろいろお世話になりましてありがとうございました。

●故人の勤務先に対して

この度はご多忙の中を会葬くださいましてありがとうございました。おかげさまで葬儀も滞りなく済ませることができました。今後ともよろしくお願い申し上げます。



御礼、支払いについて
御礼は遅くなりすぎたり忘れたりのないように。
寺院、神社、教会への御礼

寺院、神社、教会への御布施はいくら位払えばいいのかよく分からない方が多いと思います。これは、寺院や家の格式、故人の立場や地位、あるいは葬儀の規模によっても違います。直接寺院等へ聞くか身内や世話役の方に頼んで聞いてもらうとよいでしょう。「志で結構です」といわれた場合は町内の世話役や長老格に相談するとよいでしょう。

後日あいさつ回りに手土産が不要なのは、お世話になった方々へ無事忌明け(三十五日か四十九日)を迎えることができたという感謝の気持ちを込めて挨拶状を添えて品物を贈るからです。

法要も略式化されることが多く、告別式の時、初七日までを繰り上げて読経(どっきょう)をあげてもらうことが多くなりました。僧侶に対する御布施はこの繰り上げ法要と戒名料(かいみょうりょう)をまとめて手渡しますが、僧侶の人数によっても金額は変わってきます。この場合人数に関係なく一括して包みます。また、告別式の後、宴席に僧侶をお招きしますが、欠席される時は「御膳料(おぜんりょう)」として1万円ぐらい包むのが一般的のようです。僧侶が引き上げる際、「御車代(おくるまだい)」を包む地域もありますが、普通は御布施と一括して包みます。地域によっては四十九日法要までお式当日繰り上げてされる場合が有ります、詳しくは菩提寺へご確認ください。


病院への支払い


医療費の支払いは、死亡診断書を受け取りに行く時か遅くても葬儀の翌日には済ませましょう。また、死亡診断書を受け取る時に支払う場合は、前もって電話で金額を確認してから行きましょう。支払う時のしきたりは特にありませんが、気になる方は白い封筒に入れて持参するとよいでしょう。葬儀後も何かとあわただしく、支払いが後回しになりがちです。支払が遅くなりすぎたり、忘れたりすることがないように、気をつけましょう。

世話役等への御礼


多くの人に支えられている葬儀。世話役の方々への感謝の気持ちを伝えることにも配慮が必要です。地域によっては、葬儀委員長さんへのみ挨拶される場合もありますので、その地域の習慣を確認しましょう。一般的には、告別式の引き出物を手渡す時にお礼を述べる場合が多いようですが、後日あいさつ回りを改めて行う方もいらっしゃいます。その時、手土産は不要ですが、気の済まない方は千円前後の商品を持参しても良いでしょう。また、告別式の時、引き出物以外のちょっとした品物を手渡す形で、後日、あいさつ回りをしない方もいらっしゃいます。

●支払いは業者別に封筒に入れて準備しておくと便利です。
●葬儀の費用は相続税の控除対象となりますので領収証をすべて保管してください。(香典返しや墓地、仏壇の購入費は対象になりません。)


遺品の整理と形見分け
遺品整理は分野別にまとめて。
自宅の遺品整理

葬儀が一段落したら故人の遺品整理を行います。一口に遺品と言っても衣類、装身具、家具、書籍、手紙、書類、メモなどさまざまな分野があり遺品整理は想像以上に大変な作業です。形見分けを行うならそのことを念頭に整理していきます。まず、「使えるもの」、「保存するもの」、「焼却するもの」、「処分するもの」に分けて進めるとよいでしょう。日記、住所録、メモ帳、手紙などは、いつ必要になるか分かりませんので、最低1年間は一か所にまとめて保存しておきましょう。衣類を形見分けに差し上げることは失礼にはあたりませんので、希望する人のためにクリーニングに出すものと処分するものとに分けて整理しましょう。また仕事上の書類は後日会社の人に確認してもらう必要がありますので一つにまとめておくことをおすすめします。もっとも注意しなければならないのが預金通帳、株券など有価証券、税金関係の書類など金銭に関する書類です。これらは財産相続ということになり、法律的な諸手続きが必要となりますので大切に保管してください。故人名義の預金通帳は必要書類がなければ勝手に解約することはできません。法律に関する諸手続きを参考にしてください。また、「焼却するもの」については遺品を供養してから焼却する「焚き上げ」という方法があります。専門業者が行っている地域もありますが、わからない場合は葬儀社やお寺、神社に相談するとよいでしょう。




形見分け

形見分けは希望しない人に差し上げるのは失礼です。あくまでも希望される人や遺言があった場合と考えてください。形見分けを行う日に特に決まりはありませんが、仏式は四十九日忌法要が済んでから、神式は五十日祭のとき、キリスト教は1カ月後の昇天記念日が多いようです。渡すときに包装紙に包む必要はありません。


●故人が会社に勤めていた場合、ロッカーや机の引き出しに私物を置いていることがありますので、職場に迷惑をかけないよう、なるべく早めに整理しに行く必要があります。事前に会社に連絡を入れてから出向き、会社の人に立ち会ってもらうと私物か会社のものか判断でき、スムーズに進みます。私物は持ち帰ってから処分する方がよいでしょう。逆に自宅に会社の鍵などがあれば、このとき持参すると何度も足を運ぶこともなくなります。また、同僚からの借金、借り物、飲食店などに未精算金がないかなど確認することも大切です。

●勤務先で加入していた社会保険は死亡により権利を失います。扶養家族となっていた遺族は居住地の国民健康保険に一日も早く加入手続をしてください。
【勤務先への確認事項】
退職金の有無、最終給与、社会保険関係、団体生命保険、社内預金の有無。


法律的な諸手続
国民保険、社会保険からの葬祭費支給は申告制なので忘れず申告。

法定相続と遺留分(いりゅうぶん)


遺言がないときは民法の規定に従って遺産を分割することが決められていますが、これを法定相続といいます(相続割合は別表を参照)。遺言があれば相続割合などを変更できるため不公平が生じかねません。全財産を特定の人に相続させ、法定相続人がゼロといった事態にならないよう、民法には遺言でそのような記述があっても法定相続人には、一定の分相続されるよう規定してあります。これを「遺留分」といい遺言による不公平が起きないようにしています。遺言者の自由になるのは全財産の2分の1で、残り2分の1は法定相続人に分割されるようにしてあります。ただし、故人の兄弟、姉妹、甥(おい)、姪(めい)が相続人の場合遺留分はありません。



財産には、不動産、預貯金などの「積極財産」と、借金などの「消極財産」があります。相続するということはこの両方を指し、どちらか一方は認められません。特に借金が財産となった場合、民法では「相続権の放棄」を認めています。相続開始を知った日から3カ月以内に家庭裁判所に申述書を提出すれば認められることになっています。


 ■法定相続分早わかり表


法定相続人 相続割合
(×印はその人が存在しないとき)
妻(夫) 1/2 2/3 3/4
× × × × × × ×

(第1順位)
1/2 × × ×



× × ×

(第2順位)
0 1/3 × 0 × 0 × ×

×
兄弟姉妹
(第3順位)
0 0 1/4 × 0 0 × × 0 ×


 ■遺留分の割合
 
法定相続人 遺留分
子供だけの場合 相続財産の2分の1
子供と妻(夫)の場合 相続財産の2分の1
親と妻(夫)の場合 相続財産の2分の1
妻(夫)だけの場合 相続財産の2分の1
親だけの場合 相続財産の3分の1
兄弟姉妹の場合 な し
 
 ■遺留分の割合

相続人の取得金額 税率(%) 控 除 額
1,000万円以下 10 0万円
3,000万円以下 15 50万円
5,000万円以下 20 200万円
1億円以下 30 700万円
3億円以下 40 1,700万円
3億円超 50 4,700万円

※詳しくは住所地の税務署にお問い合せ下さい。

※上記の内容は2009年4月1日時点での情報をもとに作成しております。



基礎控除

@遺産による基礎控除
   5,000万円+1,000万円×法定相続人数
A生命保険等の非課税限度額
   500万円×法定相続人数
B退職手当金等の非課税限度額
   500万円×法定相続人数



国民健康保険、社会保険(健康保険協会)
から葬祭費・埋葬料の受給


お葬式を出した喪家には葬祭費・埋葬料が支給されます。申告制になっていますので忘れずに申告しましょう。支給されるのは、国民健康保険の加入者、健康保険協会の加入者、もしくは健康保険に加入している扶養家族が亡くなったとき、それぞれ所定の手続をすれば支給されます。国民健康保険の場合自治体により葬祭費が支給される場合があります。協会健保の場合、一律5万円が支給されます。また、退職後3カ月以内に死亡した場合であれば支給されます。


■相続税から差し引かれるいろいろな控除
配偶者控除

妻(夫)が相続した場合

@課税対象者となる遺産の総額×配偶者の法定相続分(1億6,000万円とする)
A課税対象となる遺産のうち、妻(夫)が取得した分@とAのうち、少ない金額を、課税対象となる遺産の総額で割り、それに相続税の総額を掛けた金額が妻(夫)の相続税額から差し引かれる

未成年者控除

満20歳未満の法定相続人が相続した場合

6万円×(20歳−相続開始時の未成年者の年齢)が、その未成年者の相続税額から差し引かれる

障害者控除

障害者である法定相続人が相続した場合

6万円×(70歳−相続開始時の障害者の年齢)が、その障害者の相続税額から差し引かれる。特別障害者の時は、6万円を12万円に代えて計算する

 贈与税額控除

相続開始前3年以内に贈与を受けていた財産の価格が、相続税の課税価格に加算される場合

納めた贈与税額から差し引かれる

 相次相続控除

10年以内に2回以上の相続があった場合

最初に納めた相続税の一定割合の金額を、2回目の相続税額から差し引かれる



健康保険協会には、埋葬料と埋葬費に支給項目がわかれます。埋葬料は埋葬をおこなった家族(生計を維持されていた人であれば被扶養者でなくてもかまいません。)に5万円の埋葬料が支給されます。埋葬費は、死亡した人に家族がいない場合、埋葬を行った人に理葬料の範囲内で埋葬にかかった費用埋葬費として支給されます。請求は会社ではなく個人で行うことになりますので忘れずに申告しましょう。その際申告書類には会社印が必要となりますが、もし会社印がなくても死亡診断書等の書類があれば請求できます。給付を受ける権利は、2年間の時効で消滅します。

※上記の内容は2009年4月1日時点での情報をもとに作成しております。

厚生年金と国民年金からの受給

故人が厚生年金に加入していた場合、遺族に遺族厚生年金が支給されます。受け取れる遺族の範囲は、配偶者、子供、父母、孫、祖父母で、妻以外は年齢などの条件があります。故人が国民年金に加入していた場合は、子のある妻、子に「遺族基礎年金」、所定の要件を満たす場合妻に「寡婦年金]、又は所定の要件を満たす遺族に「死亡一時金」のいずれかが支給されます。別表の必要事項を完備して申請すると3カ月くらいで年6回に分けて偶数月の15日に支給されますので、必要条件支給対象を確認の上申請してください。詳しくは担当窓口へお問い合わせください。

生命保険の手続

保険会社に被保険者の死亡を連絡後、「死亡保険金請求書」が送られてきますので、所定事項を記入し、必要書類を添えて提出します(必要書類は一覧表を参照)。書類に不備がなければ通常5日以内に振り込まれます。事故、変死の場合、死体検案書、事故証明など別途必要となりますので、保険会社へ確認してください。そのほかに、ゆうちょ銀行・郵便局の「簡易保険」や勤務先の「団体生命保険」、会社経営者の「経営者保険」などに加入している場合は、申請手続き、必要事項が異なるので事前に確認しておきましょう。また、住宅ローンの契約者が亡くなると、生命保険会社で残債が支払われます。必ず申請してください。



●厚生年金被保険者でいる間に、病気、ケガが原因で初診日から5年以内に亡くなったときは遺族厚生年金が支給されます。

●遺族厚生年金と老齢基礎年金は65才以上に支給される場合のみ、両方受給できます。また、遺族厚生年金を受けている人が65歳になって「老齢基礎年金」と「老齢厚生年金」が受給できる場合は「遺族厚生年金」から「老齢厚生年金」相当額を差引いた額の減額された「遺族厚生年金」と「老齢基礎年金」「老齢厚生年金」が併給して支給されます。


故人の確定申告

故人の所得税の確定申告は「準確定申告」といい法定相続人が税務署に出向いて行ないます。相続人が2人以上の場合、同一書類で一緒に申告するかあるいは別々に申告しますが、法定相続人が確定していない場合、相続人の中から代表者を決めて申告します。申告期限は死亡後4カ月以内なので必要事項を確認の上税務署へ出向いてください。この確定申告によって故人の所得税が決まりますが、負担するのは故人と最も近い縁者で、この負担額はその人の相続財産から債務として控除されます。また、故人がサラリーマンの場合は、勤務先で確定申告を行いますので手続をする必要はありません。但し、年収が1,500万円以上だったり雑所得が20万円以上あったりする場合、確定申告の必要があります。
年金を受けている人が亡くなった場合未支給年金請求と死亡届

故人が年金を受給していた場合は、遺族の方は社会保険事務所に「死亡届」の提出が必要です。年金は死亡した月まで、年金が支給されます。死亡した方に支払われるはずであった年金が残っているときは、遺族の方にその分の年金(末支給年金といいます。)が支給されます。詳しくは担当窓口にお問い合わせください。
その他

名義変更するものを簡単に触れておきましょう。故人が世帯主の場合、電話、電気、水道、ガス、住居などの名義、故人の預貯金、有価証券、ゴルフ会員権などがあります。あらかじめ必要書類を用意しておいた方がスムーズに運びますので別表もしくは、担当窓口へ確認しましょう。
不動産 水 道
預貯金 ガ ス
名義変更
有価証券 電 気
ゴルフ会員権 電 話
■保険・年金などの手続き一覧表

確認 種類   窓口 申請期間 支給対象 必要書類
生命保険 生命保険
相互会社
3年以内 契約者 印鑑・戸籍謄本・死亡診断書・死亡保険
請求書・最後の保険料領収書・保険証書・
印鑑証明書・除籍抄本・受取人の戸籍謄本
簡易保険 かんぽ生命
郵便局
5年以内 契約者 印鑑・戸籍謄本・除籍抄本・死亡診断
書・簡易保険証書・最後の保険料領収書
健保保険 埋葬料 健保教会 2年以内 被保険者又は扶養家族 印鑑・被保険者証・死亡を確認できる書類
埋葬費 埋葬を行った人 印鑑・被保険者証・死亡を確認できる書
類・埋葬に要した費用の領収書
国民健康保険 市区町村 2年以内 遺族 印鑑・被保険者証・死亡を確認できる書類
厚生年金 遺族厚生
年金
社会保険
事務所
5年以内 配偶者、子供、
父母、孫、祖父母
印鑑・戸籍謄本・住民票の除票・請求者
の住民票・死亡診断書・請求者の所得証
明書・年金手帳・年金証書・請求者の金
融機関の通帳
国民年金 死亡一時金 市区町村 2年以内 遺族(生計を同
一にしていた者
印鑑・戸籍謄本・住民票の除票・請求者住
民票・年金手帳・請求者の金融機関の通帳
寡婦年金 5年以内 婚姻10年以上の妻 印鑑・戸籍謄本・住民票の除票・請求者の
住民票・死亡診断書・・請求者の所得証明
書・年金手帳・請求者の金融機関の通帳
遺族基礎
年金
18歳未満の子
のある妻 又は
18歳未満の子
印鑑・戸籍謄本・住民票の除票・請求者
の住民票・死亡診断書・請求者の所得証
明書・年金手帳・請求者の金融機関の通帳
死亡届及び
味支給年金
社会保険
事務所
10日以内 遺族 印鑑・住民票の除票・請求者の住民票・
請求書と死亡した人との身分関係が分か
る戸籍謄本等・年金手帳・年金証書・請
求者の金融機関の通帳
労災保険 葬祭料 故人の
勤務先
2年以内 遺族又は葬祭を行った者 印鑑・死亡を確認できる書類
遺族補償
給付
5年以内 配偶者、子供、
父母、孫、祖父
母・兄弟姉妹
印鑑・戸籍謄本・住民票の除票・請求者
の住民票・死亡診断書・請求者の金融機
関の通帳

※個々のケースにより様々な添付書類を求められますので申請窓口で具体的に確認する必要があります。

■名義変更などの手続き一覧表

確認 種類 窓口 請求期間 必要書類
銀行預金名義変更 銀行 印鑑・住民票・戸籍謄本・相続人全員の印鑑証明書・
遺産分割協議書・除籍謄本・預金通帳
郵便貯金名義変更 ゆうちょ銀行
郵便局
印鑑・戸籍謄本又は相続を証明する書類・貯金通帳
不動産登記 地方法務局 印鑑・住民票・戸籍謄本・遺産分割協議書
自動車登記 陸軍支局 住民票・移転登録申請書・自動車検査証・自動車検査
証記入申請書・自動車損害賠償責任保険証明書・
除籍謄本
電話加入権継承 電話会社 住民票・電話加入継承届・印鑑証明書・除籍謄本
確定申告 税務署 4カ月以内 印鑑・決算書(事業主)・その他の所得内訳書・源泉
徴収票・生命損害保険領収書・医療費領収書・申告
者と確認できるもの(免許証など)

※個々のケースにより様々な添付書類を求められますので申請窓口で具体的に確認する必要があります。

※上記の内容は2009年4月1日時点での情報をもとに作成しております。




香典返し「後返し」について
気持ちを伝える「後返し」は四十九日に挨拶状を添えて贈りましょう。
葬儀後に送られる「後返し」

会葬していただいた方への香典返しは、葬儀当日に「即返し」として終了する地域もありますが、忌明け(四十九日)に、「後返し」として一般的には香典額の半額(半返し)の品物に挨拶状を添えて贈るのがマナーです。(挨拶文例集参考)喪主が直接届ける場合もありますが、遠方の方には宅配便などで届けているのが一般的です。



一部地域を除き通夜及び告別式の日に、ちょっとした品物が「会葬御礼品」として渡され、四十九日に改めて、葬儀に来られた方全員に「後返し」として香典額の半分に相当する品物が贈られます(半返し)。このように香典返しの考え方は地域によって大きく遣うので、無礼を感じさせないことが大切です。また、先様と故人の関係や喪家として今後のお付き合いを十分考慮して「後返し」をすることが大切です。そして何より「気持ち」を伝えること、それが「後返し」です。


あいさつ回りを終え、一段落したら香典、供物帳を参考に「後返し」が必要な方々のリスト作成をお勧めします。手順は名前・住所・電話番号・郵便番号・故人との関係・香典額・お返し金額・お返し品の候補を用紙にまとめ、発送が完了したらチェックしておくと便利です。






「後返し」の時期

七七日(四十九日)の忌明け法要を営んだあと、滞りなく葬儀を済ませ、忌明けを迎えることができたという挨拶状を添えて贈ります。表書きは「志」が一般的で水引の下には「○○家」と書きます。神式の場合、忌明けに相当する五十日祭(三十日祭の場合もあり)、キリスト教の場合、カトリックは仏式に準じ、プロテスタントは1カ月後の昇天記念日に、どちらも挨拶状を添えて贈られている方が多いようです。


「後返し」の目安
「香典半返し」という言葉を聞いたことがあると思いますが、香典には不時の出費の相互扶助の意味があることから、必ずしも半返しする必要はありません。実際には半返しから3分の1返しが一般的です。


「後返し」のお品選び
「後退し」のお品選びのコツは実用性を重視することです。具体的にはタオルやシーツなどの装身具や海苔やお茶など日持ちの良い食品などに人気があるようです。また、香典を「従業員一同」「○○会一同」といった連名でもらった場合、各人ではなく一つにまとめて連名宛てにし、コーヒーセットなど皆で利用できるものを選ぶとよいでしょう。


■法要と「後返し」の時期
仏  式 神  式 キリスト式
法要 霊祭 追悼ミサ・記念式

通夜


告別式


初七日(7日目)


二七日(14日目)


三七日(21日目)


四七日(28日目)


五七日(35日目)


六七日(42日目)


七七日(49日目)


百か日(100日目)


一周忌(満1年目)


三回忌(満2年目)






●通夜返しを渡します。




●御会葬御礼品を渡します。





●あいさつ回り、遺品の整理・処分、
 香典・供物帳の整理。




●「後返し」リスト作成。この頃から発送します。


●生命保険の手続、遺族年金手続、健康保険埋葬料手続、遺産相続。


●お位牌の準備、ご仏壇の準備。

●納骨準備

●三十五日、四十九日の忌明けをめどに「後返し」の発送をします。




●納骨・埋骨される方が多いようです。



●身内で行う方が多いようです。。




●盛大に行う方が多いようです。




●亡くなった年を1年目と数えますので、
一周忌の翌年が三回忌となります。









※ ( )内は死亡日を加えた日数です。

通夜祭



葬場祭



十日祭



二十日祭



三十日祭



四十日祭



五十日祭



一年祭



二年祭



三年祭

















●仏式の初
七日にあたり
ます。



●身内だけで霊祭を行う方が多いようです。





●「後返し」の
発送。仏式の
忌明けにあた
ります。

カトリック


前夜祭



追悼のミサ


三日目のミサ



七日目のミサ



1カ月目のミサ















●身内と親しい方で行う方が多いようです。






●「後返し」の発送。仏式の忌明けにあたります。

プロテスタント


記念式



7日目の
記念式



10日目の
記念式



30日目
召天記念日










●身内と親しい方で行う方が多いようです。




●「後返し」は
この日以降に
行います。



法要の知識
法要に親類・知人を呼ぶときは場所・日時に十分配慮を。

仏教では、故人の霊に供物を供えて冥福を祈り供養することを法要といいます。法要を営む際に大切なことは故人を偲ぶ気持ちです。葬儀が済むと、初七日から七七日(四十九日)の忌明けまで七日ごとに法要を行い、その後も一周忌、三回忌などの法要を故人の命日に営みます。もし、命日に法要ができない場合は、日程を繰り上げて行います。


初七日から四十九日まで


仏教の場合、法要を行う日が七日目ごとに訪れます。死亡した日を含めて数えます。

 ●初七日(死亡した日を入れて七日目)
 ●二七日(死亡した日を入れて十四日目)
 ●三七日(死亡した日を入れて二十一日目)
 ●四七日(死亡した日を入れて二十八日目)
 ●五七日(死亡した日を入れて三十五日目)
 ●六七日(死亡した日を入れて四十二日目)
 ●七七日(四十九日、満車陰、しちしちにち)

七日目ごとというのは、死者が冥土(めいど)に行くと死後から次の世までの間(中陰)、閻魔(えんま)大王の前で七日目ごと七回の審判を受ける、という考え方からきています。特に「四十九日」が重視されるのは、この日の最後の審判で、死者が極楽へ行けるかどうかが決まるからといわれています。この日は死者の霊が家を離れる日とされ、遺族にとっては「忌明け(きあけ)」、関西地方では「満中陰(まんちゅういん)」と呼んでいます。合理的考え方の進んだ現代では、これら七日目ごとの法要も一度で済ませてしまうことがあります。火葬後すぐ「初七日」の法要を行うことは少なくありません。「四十九日」をも兼ねてしまうということもあります。

四十九日法要の手順

納骨、埋骨を行うのが一番多い日が四十九日です。親族の都合や僧侶の都合もありますので事前の準備が大切です。確認事項を連記しましたので参考にしてください。

@施主の決定A日程、費用などの決定B菩提寺への連絡C法要案内状の作成・郵送、連絡D式場の手配E宴席の手配F喪服の用意(準喪服でも可)Gお布施の用意H引出物の手配




●納骨、埋骨と四十九日法要を同時に行う場合と法要だけを営む場合、それぞれ準備することに多少の違いがあります。葬儀社や僧侶へ相談すると良いでしょう。

●法要に親類・知人などを呼んで営む時、お寺、お墓、会席の式場が別々でそれぞれ移動する場合、土・日・視祭日だと交通渋滞に巻き込まれることもあります。時間や交通機関に十分配慮したいものです。

併修(へいしゅう)について

年忌法要はできるだけ故人一人ひとりに対して行いたいものですが、ある年に年忌が重なる場合があります。その時、それぞれを独立させて行なうと参列者側、施主側も時間的、経済的に大きな負担になります。そこで、年忌法要をあわせて一度に行うことを「併修(へいしゅう)」「合斎(がっさい)」といって、早い方の祥日命日(死亡した日と同月同日)にあわせて営みます。しかし、故人が亡くなって年月が浅い場合は、故人への思いが深い方も多いはず。1周忌もしくは3回忌まではできるだけ独立した法要を営む方がよいでしょう。
■法要一覧
仏式 神式 キリスト式
年忌法要 年祭 追悼ミサ・記念式

一周忌
(満1年目)

三回忌
(満2年目)

七回忌
(満6年目)

十三回忌
(満12年目)

二十三回忌
(満22年目)

二十七回忌
(満26年目)

三十三回忌
(満32年目)

三十七回忌
(満36年目)

五十回忌
(満49年目)

百回忌
(満99年目)

※( )内は死亡日
を加えた日数
 
 一年祭 
 

三年祭


五年祭


十年祭

カトリック
(追悼ミサ)
死去後数年間は1年ごとに記念式を行う
プロテスタント
(記念式)
死去後数年間は1年ごとに記念式を行う


四十九日法要での施主の挨拶

法要のあと会食の席へ移ったら、施主は冒頭で挨拶をする必要がありますので、言葉をまとめておくことをお勧めします。
@列席してもらったことへのお礼A葬儀以来、何かとお世話になったことへのお礼B今後へ向けての決意CささやかなもてなしをしたいことD結びのお礼
【例文】本日は○○(故人の名前)の四十九日法要にご列席いただき、誠にありがとうございます。葬儀の節は、皆様には何かとご協力をいただき、深く感謝しております。今後は遺された家族が仲良く力を合わせていくことを決意しておりますので、今後とも宜しくお願いいたします。ささやかではございますがご会食の用意をいたしましたので、ごゆっくりお召し上がりください。また、故人の逸話などを披露していただければと思います。本日はお忙しい中ありがとうございました。




四十九日法要と納骨式とを兼ねる場合の謝礼は、一括して一つの「御布施」とするのが一般的です。僧侶が法要のあとの宴席へ列席できない場合、「御膳料」を包むのが一般的です。また、自宅へ招いたとき、「お車代」を別に包む方もいらっしゃるようですが、一括して包んでもかまいません。



納骨、埋骨までのまつり方

仏式の場合


火葬後、自宅にお骨を安置してある間は朝夕供養(くよう)します。自宅での供養は仏壇の前や床の間などに白い布を覆った小机を用意して遺骨、遺影を安置します。水は毎日供え、ご飯は子供用などの小さな茶わんで供えましょう。忌明けの四十九日までは弔問客も多いものです。遅れて来る弔問客のために、後飾りの祭壇はそのままにしておきましょう。


神式の場合

神式の場合も自宅にお骨を安置している間は、霊前に花、供米(くまい)、塩、御神酒(おみき)、毎日の水のほかに小さ木皿にご飯を供えることがあります。


キリスト教の場合


キリスト教では納骨、埋骨のときまで、お骨の前に花やロウソクを飾りますが、供物(くもつ)には定まりはありません。


納骨・埋骨の時期

仏式ではいったん自宅に安置し、初七日から四十九日までの7日目ごとの法要のうちで都合のよい日に納骨、埋骨します。一番多いのが四十九日です。しかし葬儀のために遠くから肉親や近親者が出向いてきた時などには、火葬が終わってすぐに埋葬することもあります。また、火葬が終わった夜だけ自宅で法要し、翌日には寺の納骨堂に預けて供養を依頼し、三十五日か四十九日の忌明けに埋骨することもあります。仮納骨した遺骨は一周忌又は三回忌に埋骨することが多いようです。
神式、キリスト教式は従来土葬で葬儀の日に埋葬を済ませていましたが、現代は火葬がほとんどです。神式では10日目ごとの霊祭の日に納骨、埋骨することが多く、一番多いのは五十日祭です。キリスト教の場合は7日目の追悼ミサの日か翌月の召天記念日、プロテスタントでも翌月の召天記念日などを選んで納骨、埋骨します。


仏式の7日目ごとの法要は僧侶の読経を省略し、内輪で営むところが多いようですが、行う場合「読経料」や「御車代」を含めた「御布施」を用意します。御礼の全額は、直接寺院や僧侶に聞くことをおすすめします。


忌中の心得
喪中期間の慶事主催は控えましょう。
忌服の期間

「忌中」「喪中」という言葉はよく使われますが、「忌」とは、死のけがれを忌(い)むという意味で、かつては死を恐れることから死者はけがれたものと考えられていました。そうした死のけがれが去らない期間を「忌中」といい、けがれが去った時点を「忌明け」と呼んだものです。一方、「服」は、喪服をつけて一定の期間、身を慎むことで、そうしなければならない期間を「喪中」と言います。現代その期間は、忌中は四十九日まで、喪中は一年間と考えられているようです。

■現代の服喪期間の目安表

配偶者死亡の場合 10日間
父母死亡の場合 7日間
子供死亡の場合 5日間
孫死亡の場合 1日間
兄弟姉妹死亡の場合 3日間
祖父祖母死亡の場合 3日間
配偶者の父母死亡の場合 3日間
伯父伯母(叔父叔母)死亡の場合 1日間


世話役の片が現金を立て替えて支払をしてくれていることがあります。引継ぎの時にこちら側から立替え払いがなかったかどうか聞いて、その日のうちに精算することが大切です。また弔問客の心づかいなども聞いておき、葬儀後忘れずにお礼を述べるようにします。


忌中、喪中期間に慎むこと

忌中期間は神社への参拝や結婚式、落慶式などおめでたい席へは出席しない方がよいとされています。忌明け以降の喪中期間は差し支えありませんが、自分の側から慶事を主催するのは控えた方がよいとされています。服喪期間は1年間とされていますから、その期間内に必ず正月を迎えることになりますが、喪中に迎えた正月はしめ飾りや鏡餅など正月用の飾りつけは控え、初詣、年始回り、年賀状なども控えるのが常識です。
年賀欠礼のハガキ

服喪中の年賀状は控えます。11月末頃までには年賀欠礼の挨拶状を書き終え、どんなに遅くても12月上旬までには出すように心がけましょう。喪中であることを知らない人からの年賀状に対しては、すぐに返事を出さず、正月が過ぎてから賀状のお礼とともに寒中見舞いを兼ねて出すとよいでしょう。




年賀欠礼のハガキの手配は、一期間に集中し納期に2週間以上かかる場合がよくあるようです。年末はなにかと慌ただしい時期なので年賀欠礼ハガキは、葬儀終了後お早めに手配されるのがよいでしょう。

寒中見舞のハガキ


喪中にもかかわらず、年賀状が届いた場合は、寒中見舞として返信するとよいでしょう。
【例文】
「寒中お見舞い申し上げます」
昨年〇月〇日〇〇〇〇を亡くし服喪中でございますのでお年賀を遠慮させていただきました。
 今年の寒さはひとしお厳しいようでございます。ご自愛の程ひとえにお祈り申し上げます。


本位牌(法名軸)の準備
葬儀に用いた白木の位牌は忌明け法要にて本位牌と取り替えることに
なっておりますので準備の案内をさせていただきます。
なお、浄土真宗では法名軸を用いますが、しきたりにより位牌を用いることもあります。

ご先祖の位牌を参考にします


●初めて位牌を選ぶ場合は仏壇の様式やサイズに合わせます。ご先祖の位牌がある場合は、大きさ、形などを参考にします。本位牌は黒塗りまたは黒檀など唐木ものが正式です。戒名を書いた位牌板を何枚も入れられる繰り出し式のもの(回出位牌)もあります。


本位牌に精(しょう)を入れます

●本位牌に戒名(法名)、死亡年月日、場合によっては俗名、死亡年令などを書き込みます。
※僧侶にお願いして、白木位牌から精を抜きます。このことを撥遣法といいます。
次に戒名(法名)を書き込んだ位牌に精を入れます。これを点眼法といいます。


Q.白木位牌から本位牌に替えるのはいつ?
A.葬儀に用いた白木の位牌は忌明け法要(三五日、四九日、満中陰ともいう)にて本位牌と取り替えることになっています。


Q.本位牌を用意するのにかかる期間は?
A.本位牌に戒名(法名)を書き込むのに1週間ほどかかります。また、白木位牌から精を抜き、戒名(法名)を書き込んだ位牌に精を入れることも僧侶にお願いします。

分家にも位牌を置く場合があります。

●位牌は、本家のほか分家にも用意し、それぞれのご家庭で供養される場合もあります。別途ご用意の際は、その旨お申付けください。

仏壇と仏具の準備


●仏壇をお求めになる場合は、忌明け法要までにご用意されるとご供養に便利です。すでにご先祖からの仏壇がある場合は、仏具のお磨きを済ませておきます。法要の機会に仏壇・仏具の手入れ点検をおこない、取り替えや不足品の購入をされる場合も多いようです。仏壇の補修は「おせんたく」と呼ばれています。各部を丁寧に取り外して選択し、金仏壇では、金箔の直しもおこないます。「おせんたく」の時、ご本尊や位牌は菩提寺に預かってもらうのが正式です。この場合も僧侶にお願いして「お精抜き」と「入仏」をおこなうこともあります。





本位牌は早めに準備しましょう

文字の書き込みには1週間程の余裕が必要。
 本位牌…うるし塗・唐木・繰り出し ・法名軸…法名軸


忌明けにて白木位牌から本位牌に取り替えます

●葬儀から忌明けまでの間は、白木位牌を用います。


忌明け法要にて本位牌に取り替え精を入れます。位牌選びのチェックポイント
※二人位牌や連記式の場合はその位牌に新たな戒名(法名)を書き込む間寺院にて精を抜いてもらうこともあります。



仏壇・お墓の基礎知識
葬儀の後は、家族による毎日のお参りをはじめ、命日の僧侶によるお勤め、
    法要など仏事のために、仏壇はなくてはならないものです。
  また、一家のお墓は、故人やご先祖の霊を敬い末永く供養するよりどころです。

仏壇は家族の心のよりどころです


●仏壇は、家族全員の心の帰依所として、日常生活の中心になるものです。
み仏とご先祖を敬う気持ちを、朝夕のお勤めで表現したいものです。
法要などの時期に合わせて購入し、仏壇の入仏式を一緒におこなうと便利です。
仏壇の安置場所は、あまりむつかしく考える事なく、家族がいつでもお参りしやすい場所を選ぶようにしましょう。


Q.仏壇の購入時期に決まりはありますか?
A.仏壇の必要性を感じた時が、丁度よい機会です。法要などの時期に合わせて購入し、仏壇の入仏式を一緒におこなうとよいでしょう。古い仏壇を処分するときは、僧侶に「魂抜き」や「み霊抜き」をしてもらいます。


Q.仏壇を安置する方角は?
A.お部屋の西側から東に向けて安置するのが一番よいとされています。これは仏教の理想世界である西方浄土を拝むことになるからです。また、北側に安置することもあります。これは、古来から神仏が鎮座する場所とされているからです。



お墓は、その家のシンボルです

●お墓は、ご先祖の供養の気持ちを永遠の形として表現するものです。
諸事の進行は、家族や兄弟など皆さんで相談して決めるようにします。

仏壇選びのチェックポイント


*宗派に合ったものを選ぶ。
*置き場所とインテリア、他の家具との調和を考える。
*タンスの上に置くことの出来る仏壇や、場所をとらない コンパクトな仏壇も。
*最近は洋室用にデザインされた仏壇もある。
*仏壇の種類は、金仏壇(本漆塗り、本金箔押し仕上など)、唐木仏壇(黒丹、紫丹、桜橿)などがある。
*仏壇は、何代にもわたって末永く使われるもの。上質なものの方が、結局お得。


墓地(霊園)の選定が大切です


●菩提寺(お世話になっている寺院)の墓地、公共の墓地、民間経営の墓地などがあります。
予算やスペース、交通の便などを考慮して選定します。
永代使用料を納めて借りる場合が多いようです。
墓地によっては、使用権の委譲を認めていない場合もありますので、継承について確認しておきましょう。
墓石の建立は、一周忌、三周忌などの年忌におこなうのが普通です。


入魂式と納骨をおこないます

●墓石が建立されたら、僧侶と親戚関係を招き、入魂式をおこないます。
墓前と近くのお墓にも線香と供物を供えます。
読経、除幕、焼香などの入魂式をおこない、納骨します。

お盆やお彼岸にはお墓参りを

●お墓周囲を清掃し、線香と仏花、お供えを。